もちがせ流しびな行事

無病息災を願う情緒豊かな民俗行事

用瀬町に古くから伝わる風習で、旧暦の3月3日のひなまつりに花を添えた男女一対の紙雛を桟俵にのせ無病息災を願い千代川に流す行事です。美しい山々の緑と清らかな千代川の水を背景に人々の想いを託し、形を変えながら現在に引き継がれています。1985年に「もちがせの雛送り」として県無形民俗文化財に指定されました。

美しい着物で着飾った幼子が手を合わせて願いを込める姿は印象的です。当日、町内のあちこちの個人宅では、その家に受け継がれるひな人形を公開してくれます。

また流しびなの館では、お雛様にまつわるエッセーの朗読会も開かれます。

日本古来の良さを今なおにじませるこの風習を是非ご覧ください。

基本情報

住所
〒689-1211 鳥取県鳥取市用瀬町別府32-1
電話番号
0858-87-3222(流しびなの館)
FAX
0858-87-3169
開催場所
流しびなの館周辺
開催期間
2022年度開催中止/毎年旧暦の3月3日 
アクセス
JR用瀬駅から徒歩で約5分
駐車場
あり
乗用車 250台
バス 5台
ウェブサイト
流しびなの館
備考
2020年度、2021年度は中止

このスポットから近い観光スポット

流しびなの館
流しびなの館
more
東井神社
東井神社
more
愛宕山公園 一の谷公園
愛宕山公園 一の谷公園
more
カヌー水辺公園
カヌー水辺公園
more