• TOP
  • 新着情報
  • 鳥取県立博物館「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌」<2/11~3/21> 

鳥取県立博物館「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌」<2/11~3/21> 

  • イベント

大正から昭和にかけて京都を中心に活躍した日本画家 小早川秋聲(こばやかわしゅうせい)。

鳥取県日野郡黒坂村(現 日野町黒坂)光徳寺住職の長男として生まれた彼は、9歳で京都の東本願寺の衆徒となった後、画家になることを志して日本画家 谷口香嶠、山元春挙に師事し、文展・帝展で活躍。1931年からは従軍画家として中国・満州・ビルマなどへ赴き、戦争記録画を制作しました。


この企画展は、画業初期から晩年期に至るまでの代表作・初公開の作品含め、100点あまりが一堂に会する初の大規模回顧展となります。


【開催期間】2022年2月11日(金・祝)~3月21日(月・祝)※休館日/毎週月曜日(3月21日を除く)

<前期展示:2月11日~27日、後期展示:3月1日~21日>

【会場】鳥取県立博物館 第1・第2特別展示室

【開館時間】9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)

【観覧料】一般:800円(前売・20名以上の団体・大学生・70歳以上:600円)

 ※次の方々は無料です ◎高校生以下 ◎学校教育活動での引率者 ◎障がいのある方、難病患者の方、要介護者等およびその介護者


【主催】小早川秋聲展実行委員会(鳥取県立博物館、山陰中央テレビジョン放送株式会社)、ライブエグザム

【特別協力】京料理 濱登久

【協力】日南町美術館

【オフィシャルロジステクスパートナー】TERADA ART ASSIST株式会社

【協賛】日本通運、モリックスジャパン、吉備総合電設、三和商事、鳥取県情報センター 


※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、会期や内容に変更が生じる可能性があります。

問い合わせ先
鳥取県立博物館
電話番号
0857-26-8042