HOME > 観光名所詳細

両国梶之助の墓
リョウゴクカジノスケ

エリア/気高町

両国梶之助は、寛文4年(1664)、現在の気高町宝木に生まれた元禄年間の名力士。因幡・伯耆の両国にかなう者なし、ということから藩主・池田光仲が命名したと言われています。体重150kg、身長1.9mの体格で、五十貫の錨をふたつ持ち上げたという逸話もあります。「両国」と言う名は、現在も各界に継承されています。

住 所 〒689-0216鳥取市気高町宝木
住所ヨミ トットリシケタカチョウホウギ
アクセス 鳥取駅から車で約30分、宝木駅から徒歩約5分
ジャンル別検索鳥取砂丘周辺海水浴場・海辺公園キャンプ場・公園他名所・史跡博物館・美術館・民芸館鳥取の街並み体験
佐治町 用瀬町 河原町 国府町 鳥取 鹿野町 気高町 青谷町 福部町